カルーセル内の記事は 雑記 から放送中!

2009年3月17日 姉さん…事件です

 

3月17日のとある晴れた日に
それは発覚したのです

前々から職場のトイレには…

「便座のふたを閉めましょう」
ご協力お願いします!

トイレのふたを閉めることにより
電力量を約250kwh/個の削減ができます

スギの木 15本/年のCo2削減に相当します
というECOな貼り紙が貼られておりました。

にもかかわらずいつも蓋は閉まっていません

堪忍袋の尾が切れた便所の管理人は
遂に警察に通報してしまったのです。

警察は容疑者を3人まで絞り込みました。

一人目はいつもカレーばかり食っている男
通称【カレー男】

二人目はポ-ルギルバ-トみたいな雰囲気を醸し出す巨人
通称【MR.BIG】

三人目は尻がプリプリしている男
通称【ケツプリ】

 

各人が怪しいそぶりをみせていたのは確かである
もはや全員が犯人である可能性も否定は出来なかったが…

そこに一人の青年が現れる

この青年は現場の様子を一目見ただけで全てを悟り

「三人は悪くないよ悪いのは…」
と即、事件の真実を言い当てたという
果たして事件の真相とはどのようなものだったのか…

解決編

「三人は悪くないよ…悪いのは管理人さ」

「蓋をしようにもできなかった…何故なら蓋なんて付いてないからだよ」

たった一つの真実見抜く
見た目は大人頭脳は子供

その名は名探偵こっさん

 

オープニングテーマ
『俺は畑のキャビアじゃねえ』Song by 包丁

エンディングテ-マ
『ダメージ9999』Song by 包丁

 

PS:臭いものにはすぐに蓋をする会社と
直せば効果があると知りながら放置し続ける会社…

果たしてどちらがより罪深い企業なんでしょうねえ?