カルーセル内の記事は 雑記 から放送中!

2010年4月17日 GAMMA RAY JAPAN TOUR 2010 – SPECIAL GUEST RAGE ライヴレポ (前編) ~ RAGE ~

Gamma Ray & RAGE

【レイジ編】

2010年4月17日

夜勤で15分残業して7時頃帰宅
仕事後のビールを満喫

8時前には寝て、昼に起き
名古屋へ行く予定

遡ること…数日前
12~3年使い続けた
愛用の鞄(セバスチャンバッグ)
が遂に破れてきました

めちゃめちゃお気に入りで
雨の日も風邪の日も
ずっと一緒だった僕の鞄

まだPPFMが
今みたいな路線ではなく
純粋なキレイめ系のブランド
だった頃のボディバッグです

何せ、今働いてる店員は
その頃のPPFMを
知らないですからね

本当に今まで
よく頑張ってくれましたよ

そんなこんなで
新しいセバスチャンバッグを
買いに行くのです

あと、
海苔さんの誕生日プレゼントと
ナイルの6thもね

 

14時過ぎに起床

録画したさんまのまんまを
観ながら準備してると
姫ちゃんからメールが
「開場の時間早いから気をつけなきゃね」

んっ…早い?
慌ててチケットを確認すると

開場17時

マジで!
こりゃヤバいヤバいと
急いで準備し、羽島駅へ

新幹線は16時10分発

しげさんからメールが届く
「これからマーチャンダイズへ向かいます」

マーチャンダイズって何ぞや?
相変わらず難しい言葉を
使われるお方だ(笑)

再びメールが届く
どうやらマーチャンダイズは
物販のことのようだ

 

名古屋駅に到着

駅構内を突っ走り
地下鉄に乗って今池へ

3番出口を登ると
見えてきた長蛇の列

予定は全て飛んだけど
何とかライヴには間に合いました

しげさんと合流
暫く話していると

颯爽且つ爽やかに
海苔さんの登場です
「あっ、帽子被ってない」

長蛇の列を目の前にしながら
入り口前で話し込む3人

はて姫ちゃんは何処に?
海苔さんも見ていないらしい

数分後

入場開始

番号が読み上げられ始めました

海苔さんは106番

僕としげさんを無情にも振り払い
置き去りにして
中へと消えて行きました

僕の近辺の番号が呼ばれます

すまない…しげさん
僕はもう行かなければならないんだ
と思いながら泣く泣く中へ

物販の前を通り
1階でカメラチェックをし、
2階へと上がります

チケットを渡した後、
ロッカーを探していると

再び、海苔さん登場
一緒に荷物をロッカーへ
放り込みました

あっ、財布入れ忘れた
ポケットを漁るも
200円は出てきません
まぁいいか、チェーンしてるし

既に場所を確保していた
海苔さんの元へ

ピーヴィー側の3列目
中々に良い場所です

そしてずっと呑みたかった
ビールを買いに行って
呑み歩きながら
姫ちゃんを探すも見当たらず

再び海苔さんの元へ

う~ん本当いい場所ですねえ
なんて話していると

しげさん登場
感動の再開に涙が溢れそう

すると、しげさんが
「200円持ってないですか?」

すまないしげさん
さっき僕も財布を入れようとして
確認したけどなかったんだ

と思いながら「無いです」
海苔さん「俺も無い」

そんなこんなでしげさんが
加わり、3人で話ながら
開演を待ちます

姫ちゃん何処にいるんだろう?

すると海苔さん
「手上げるからメール送ってみ」
とのこと

海苔さん手を上げて姫ちゃんを発見

ヴィクター側の2列目にいるらしい

すげー流石は姫ちゃんだ
と改めて感心

「あっ…ピーヴィーとヴィクターとスタッフが2階におる」
と、教えられて2階を見上げるも
ライトの反射でよく見えない

暫く見ていると
見えてきた生ピーヴィー

デケェ(笑)
1階から見てあのデカさ

ダイブしてきたら即死やな
的な会話で盛り上がります

ヴィクターも2階を
うろうろしていたので
見ることが出来ました

その間にもステージは
スタッフらの手により着々と
出来上がっていっていたのです

場内暗転

そして明るくなると同時に
海苔さんが背中を押してくれて
前列の開いている空間へと
導いてくれました

なんて優しい
格好良すぎるよ海苔さん
本当に有難うございます

めちゃめちゃ感謝しながら
レイジの面々を迎えます

先ず
drのアンドレ・ヒルガース
(注※ヒルギガースは某ゲームの敵)

少し間を置いて

b兼Voのピーヴィー・ワグナー
Gのヴィクター・スモールスキ
が次々に登場

ステージの構成はというと
これがまた引くぐらい狭い

中央部にガンマレイと
レイジのドラムセットが
2台縦に置いてある

要するにレイジはステージ前半分で
ライヴしなさいって感じ

そして、いよいよ

1曲目
新譜の一曲目
に入っているこの曲
“The Edge Of Darkness”

うぉ~
目の前にピーヴィー
近いしデカい

あの渋い声が堪らない
声量も半端無いし何より上手い

尚且つベースを弾きまくる
これがまた物凄い安定感
ガンガン弾いているのに
全く危なっかしくない

そして全身から放たれるオーラ
まさしく圧巻なのです

何より彼等のような
ベテランバンドが素直に新譜から
演ってくれたってのが超嬉しい。

演奏が終わると
ピーヴィーは流暢な日本語で
「ありがとう」と

ライヴ中、
終始超ごきげんだった
ピーヴィーは
何度も何度もありがとうと
言っていました

 

2曲目
な、な、なんと
またしても新譜から
しかも2曲目のこの曲
“Hunter And Prey”

アルバム通りの流れに
もぅ堪らない僕

期待は裏切ってはいけないと
婆ちゃんが言ってました

そして彼等は期待を裏切りません

 

3曲目
新譜の3曲目
日本人が大好きそうな3曲目
“Into the Light”

これが盛り上がらない訳がない

是非とも車のCMとかで
使って貰いたい一曲です

この後、何曲か演って
開演前に海苔さんとも話していて
僕が新譜から最も演って欲しい
と願っていた
あの組曲が始まったのです

この組曲は
今年の年末ベスト10のtune部門に
確実に入るであろう超名曲
“Empty Hollow”

会場の照明が落ち
ステージが青白い光に包まれます

壮大な大作の幕開けを告げる
幻想的なオープニング

顔面に血管を浮き上がらせながら
見事に歌い上げるピーヴィー

それを見事に引き立てる
ヴィクターのコーラス
そして、ギター

もう全身鳥肌たまらんです

前述したように
ドラムセットが前方にあって
隙間が狭かった為

ライヴ中に
ヴィクターがピーヴィー側まで
やって来て絡んだり
ピーヴィーがヴィクター側に
行ったりすることも
出来なかったので

2人が絡んで演奏する時は
ステージ中央で演ってました

そしてこの組曲のソロ部では
ヴィクターがステージの中央で
流麗にギターを弾きまくるのです

腰を落としながら
泣きのギターを奏でるその姿は
もぅ滅茶苦茶格好いい

マジ泣けます

ここぞとばかりに思いっきり
首をヴィクター側に向けて
ガン見するも

何だかピーヴィーに
申し訳なくなって

ピーヴィー側を見ると、
弾きまくっているピーヴィーの姿が

うぉっなんじゃこりゃ
でもヴィクター見てぇ(笑)

も~この曲を
生で体験出来ただけで
チケ代の価値あります

聴けて本当によかった
マジ感動しました

ピーヴィーが叫びます
「ハ~イヤ~ザンザスカ~イェ~ハ~イヤ~ザンザスカイスカイスカイ」

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!超名曲

“Higher than the sky”
オーディエンスもピーヴィーに続きます

「ハ~イヤ~ザンザスカイスカイスカイ」
もうノリノリの観客達

しかも間奏の
ハイヤ~ザンザスカイの
長いこと長いこと(笑)

声は出なくなったし
酸欠になるわ(笑)

ここからはアンコール
メンバーが袖へと消えて行き

会場にレイジコールが木霊します

するとメンバー達
割と直ぐにステージ上に
舞い戻って来ました

本当にレイジの面々は
超ごきげんで
終始ニコニコニコニコ
してましたからねぇ

ピーヴィーは手で
ハートマーク作ってましたし(笑)

厳ついガタイに
スキンヘッドという風貌からは
想像出来ない程にお茶目さん

ピーヴィーは絶対良い人です

 

アンコール一発目

一度聴いただけで
頭から離れない
オープニングを持つこの曲
“Carved In Stone”

そして、超名曲へ
“SOUNDCHASER”

溜まんねえ
場内はそりゃあもう
大合唱ですよ

最後は新譜のDVDで
シュミーアも参加して歌っていた
“Down”

にて終了

 

途中行われたメンバー紹介では
ピーヴィーがドラムセットまで
近寄って行って
何やら喋りながらアンドレを紹介

とりあえず僕は鬼のように
「アンドレ~アンドレ~」

と声援を送りました

毎度ながら何言ってるか
さっぱり分かりませんが
かなり楽しそうに
ピーヴィーがヴィクターを紹介

今度はヴィクターが
ピーヴィーを紹介したのですが
この時、ピーヴィーが
「えっ…俺っ?」って

ジェスチャーを交えながら
お茶目な顔してたのが
めちゃ可愛いかったです

 

ライヴ終了後

ピーヴィーとヴィクターが
ステージ上から
観客にファンサービス

ピーヴィーにもヴィクターにも
ヴィクターのギターにも
触れられました

メンバーが袖に消えていく時、
再びアンドレに向かって
鬼のように
「アンドレ~アンドレ~アンドレ~…」

と声色も変えながら
怒涛のように
アンドレコールをしました

多分、海苔さんも
アンドレ~言ってたと思います

アレ滅茶苦茶面白かったですわぁ(爆)
絶対アンドレは嬉しかったはずです

名古屋公演で
アンドレコールが起こって嬉しかった
と何かのインタビューで言っていたら
全ては僕と海苔さんの
おかげなのであります

レイジはモッシュが無かったので
結構のんびりと見れました
(とはいってもヘドバンと上を見上げる体制で首はやられ…既に足にもキテましたが)

内容も今まで見たライヴの中でも
かなり上位に入るぐらい
素晴らしかった

是非とも今度はステージを
フルに使ったパフォーマンスを
体験したいものです

(amazon) RAGE の検索結果

 

2010年4月17日 GAMMA RAY JAPAN TOUR 2010 - SPECIAL GUEST RAGE ライヴレポ (後編) ~ GAMMA RAY ~
【ガンマレイ編】   ~セットチェンジ~ ステージ上のドラムセット2台の内 1台を早々に撤去 奥のドラムの前に長い台を設置 バックドロップを掛け替える 音のチェックなどを経て 割と短時間で終了 いよいよメインアクト ガンマレイが登場します 場内暗転、そして明るくなり クイーンの WE WILL ROCK YOU が流れ始めます 観客は大合唱で ガンマレイを迎えます しかし 曲が終わっても出てこない ざわ...

へ続く