カルーセル内の記事は 雑記 から放送中!

2010年9月4日 METAL ON METAL vol.1

 

2010年9月4日

3時に目が覚める

男という生物は時として寝れない刻もある
何だか朝からティターンズな気分だ
 

昼頃、名古屋に到着

腹が減っていたので驛麺通りのほくと亭にてほくとブラックを食す

そしてCDを売るため
サウンドベイへ行った
ネガティヴの新譜が無い

タワレコに行った
ネガティヴの新譜が無い

ソイルワークを買った

ヘヴンに行った
ネガティヴの新譜が無い

やる気の無い店員に聞いてみた
「今、切らしてまして…」

この店で幾度も聞いたことのある台詞が返ってきた
実にネガティブな気分になる話である

(amazon) Negative の検索結果
 
 
ウロウロしていたら
コレかぁ!
イモさんの言っていた
ドラガのJUNを見つけた

見て吹いた…幕末

(amazon) Dragon Guardian feat. JUN の検索結果
 
 
とりあえずナイツオブラウンドの新譜と共に購入

(amazon) Knights of Round の検索結果
 
 
それにしても猛暑が暑い
命の水を求めて歩きまわり
 
悩んだ末に

大須のすっぽんラーメンに行った

中に入って短冊を眺める
『すっぽんホルモンのしぐれ煮』

旨いとわざわざ書いてある
それはさぞ旨いことであろう

ホルモンを食う為に生まれてきた男はホルモンという名前に過敏に反応するように出来ている

勿論ビールと共に注文した

すぐさま届けられサービスでポテサラまで登場

この親切さがホルモンしぐれ煮への期待感をいやがおうにも高めさせた

ポテサラは大好物だからである
 

【しぐれ煮】

語源としては様々な風味が口のなかを通り過ぎることを時雨が一時的に降る様子に見立てたことから

まんをじして、しぐれ煮がやって来た

口の中に広がる醤油の風味
辛い…ひたすら辛い

てか…醤油の味しか…しない

地獄の四重奏
辛い黒いグロい不味い

マジで鬼のように不味い、
なんじゃこりゃあ
近年、ここまで不味い食物を食ったことがない

それを700オーバーの円を支払ってまで食ってしまった
もう二度と食わん

(amazon) しぐれ煮 の検索結果
(楽天市場) しぐれ煮 の検索結果
 
 
煙草は「なんだか旨いぞ」と書いてあったから買ったウィンストン

クソ不味い
もう二度と吸わん

 

17時過ぎ

すっぽんラーメンを出てZIONへと向かう

途中の交差点で海苔さんと遭遇

再びベイに行った後、ノーリモへ

海苔さんがエクソダスのTシャツを見つける

エキシビットビーやん
うおっなんじゃこりゃあ
滅茶苦茶カッコイイ
即買い決定

ボンデッドバイブラッドは要りません(笑)

(amazon) Exodus の検索結果
(楽天市場) Exodus の検索結果
 
 
店を出て
階段降りると左にしげさん

チャリンコは見当たらない
売れてる本屋は立ち読みを注意しません

駐車場でロックビッチのDVDは1・2・3・4・フィストで凄すぎる
見つけた海苔さんは素晴らし過ぎますという話をしていたら

階段上から
「こっさ~ん」と

さーさんが手を振ってくれた
とても嬉しかった
 

そして、ZION公国内部に突入を敢行

マッドビーストの初シングルを500万円でGETした

そうなんです、今回のライヴはファーストシングル発売記念

マッドビースト主催の

んっ…フライヤーが無い

タイトルなんだっけ?
まあ…いいか(笑)

メンバーにサインもしてもらいました

有難うマッドビーストの皆さん

ドラマー君が
「こっさんって…酔っぱらってた人」
と言ってくれた

覚えていてくれて超光栄です

 

ライヴ開始前、

超人と仕事帰りのらら衛門さんが登場

超人がしげさんと僕にビールをおごってくれた。有難う超人

ライヴが始まるとすぐ
隣にいた超人が消えた

サークルピットに飛び込んでいったのだ
むっちゃ元気や(笑)

今回はしげさんの後ろに陣取り
わりとのんびり座ったりして見てました

しげさんが丁寧且つ激しく頭を∞に回している
実に基本に忠実なヘッドバンキングであります
 
 
一組目だか二組目だかが終わった頃

海苔さんに促され
DJシンドー君の働きっぷりを見に行った

音楽好きが高じて自ら押し掛けて行きDJになった彼は凄くカッコいいと思う

三組目はらら衛門さんが大層お気に入りだった

四組目が終わった時、
無料配布CDを求めて物販への階段を登って行く

すると、そこには
海苔さんにヒヨ姉、ラスカルさんにお嬢が居た

久々にお嬢を見たら
なんちゃらチーズにスライストマトを乗せた名前すらよく分からない食物を思い出した。アレ滅茶苦茶旨かったです
あんなお洒落なもの作れるなんて凄いっす

ラスカルさんは今日は人形は持ってきて無いと言ってました

地下へ戻るとなん組目かのバンドが演奏中

僕はしげさんの後ろへ行って聴きます
 
 
そしていよいよ今回の主役

マッドビーストの出番である

彼等が登場する前、
ヒヨ姉さんからさーさんの過去話
あんなことやこんなことを聞いた

そしてライヴが始まる

彼等は若手ながらもオールドスクールなスラッシュメタルを奏でる名古屋の期待の星なのです

ライヴは勿論盛り上がった

サークルピットで走り回る超人としげさん

ヒヨ姉さんも鞄を持っていなければ一緒に回りたかったと言っていました
ヒヨ姉若い

僕はしんどいので絶対嫌です(笑)

アンコールが一発あってライヴ終了

らら衛門さんはヘドバンで首を痛めたらしく「マッドビースト許さん!」と言っていました(笑)
 

会場を出て

海苔さん、しげさん、超人、らら衛門さんと話しをしていると

ディファイのVoさんが通りかかって話しに加わりました

らら衛門さんがディファイの素晴らしさを熱く語ります

実際このディファイというバンドは超カッコいい
僕は前回ライヴを見て感動したのです

今、名古屋のインディーズスラッシュ界は本当にアツい

ディファイのVoさんが去り
DJシンドー君がパーティーに加わりました

僕は片付け中のさ~さんとアニメの話を…(笑)
だって身近でアニメの話する人居ないんだものくだものだもの
 

そうこうしている間に終電もなくなり

海苔さんに一宮まで送って戴くことに

駐車場に向かう途中
【いつまでも あると思うな 朝勃ちが…】

今まで毎日当たり前のようにあったことが突然無くなるということはとても悲しいことである
時には煩わしいと思うこともあるかもしれない
でもそんな煩わしさも含んだ上での青春
今を精一杯楽しんで日々を生きるのだ
若者よ

という海のように深く有難い話をし

車の中ではらら衛門さんの日々の苦労話に涙を流し、ロックな話で盛り上がりました

海苔さん遠路有難うございました

そして参加された皆様
お疲れ様でしたぁ