カルーセル内の記事は 雑記 から放送中!

2013年2月13日 NILE ライヴレポ

 
ラウパレポの続きどうしよう
と思いながらも
ナイルのレポを書こうと思います

2月13日

14時過ぎに名古屋駅へ到着
住よしにて肉入りきしめんの特盛を食した後、

暇やし何かないかな?と思って

地下鉄に乗りノーリモへ

色々と物色しているとカンニバルコープスの鞄を発見

今使っている鞄はボロボロでずっと新しいのを探していたこともあって購入

カンニバルコープスのマフラーが滅茶苦茶カッコよかったので悩むも

ナイルのTシャツ欲しいし他にも素晴らしいナイルグッズがあったら

そっちに金を使うなぁ…と断念した

外に出て早速カンニバル鞄を装着
その足で今まで使っていた鞄を
ローソンのゴミ箱に投げ捨てる

少し歩いたが、
やはりマフラーが欲しいと

ノーリモに戻り購入
やっぱ後悔はしたくないのでね

(amazon) Cannibal Corpse の検索結果
(楽天市場) Cannibal Corpse の検索結果
 
 

パルコに行き

コーヒーを買って、煙草吸いながらまったりしようと喫煙所に行くも
アホみたいに狭い

何て世の中だと憤慨しながら
キン肉マン37巻を読む

黙々と読み続け、最後の話は帰りの電車に取っておくかと思いながら
席を立ち

階段を降りる

んっ…(゚O゚)ああ~っ♡
目の前をカールが歩いている
マジか!マジマジマジカ!!

何か無いか…
ペンは…書くものは…

かなり興奮しつつ
カールの後ろを尾行しながら、鞄を漁るも
…何もない

とりあえず写真だけでも…
と、後ろから声を掛け握手してもらった後、携帯を見せると

超笑顔でOKと言ってくれたカール

ネ申です大好きです♡カール(*^^*)

親切な付き人が「撮りますよ」と言ってくれて撮影完了

一緒に歩いていた名前分からないけど
恐らくサポートベーシストであろう人とも一緒に写真を撮って貰った

滅茶苦茶嬉しかった
超ラッキーだ♡♡♡

残念ながらチケ番は156
所謂ショボいってやつです

あんま良い場所は期待出来んけど、
まぁ楽しめれば良いやと思う

18時開場なので17時40分頃には並ばねばと階段に行くも誰も居ない

いや、1人待っている人がいる
何すか?この状況
 

18時になり入場が始まる

それでも30人位しか並んでね~
これは超ラッキーやん(*^^*)

チケット番号10番までの方どうぞ…
20番までの方どうぞ…
30番…
40番…
50番…

…チケットお持ちの方どうぞ…
www 初めて聞いたw

一緒に並んでいる人が、
「諦めるの早すぎるwもう少し番号呼ぼうよw」
と、スタッフにツッコミを入れていた
僕は笑いながら入場する

ナイルTを買いに並ぶも
Sサイズは売り切れだと告げられた

他の素晴らしいナイルグッズなんかありゃしねえ

ありえんありえんぞ
憤慨しながらロッカールームへ

あれっ?ロッカー無くなってるやん
見事に喫煙所に変わってました

何せクアトロに来たの久々ですからね、少々驚きました

何とかトイレ前に少しだけロッカーがあることを発見したので荷物を投入
 
 

さて問題の場所取りである

見ると、ステージ向かって左
可愛らしい女の子の隣にスペースが…

そして全く労することなくカール側
最前列をGetしたのだった

隣の女の子と喋る

懐にはワニのぬいぐるみを抱き抱えている
「何故ワニなのか?」
と聞いたところ

「新譜のとある曲の歌詞にワニが出てくるから…」
何とナイル愛に満ち溢れたアツい娘なのでしょう♡

しかも岐阜の子だった

よく海外へ1人旅しているらしく
この間もエジプトに行ってきたという
めっちゃ強者だ

色んな話をした
「僕はナイルにハマってから自分の前世はエジプト人だったのかもしれないと常々思う…」と言うと

「そういうのあるよね…私は中近東だと思う…砂漠が呼んでいるから」と語っていた

この娘との話は書くと長くなるのでこの辺にしとこう

とにかく楽しかった

そしてらら衛門さんがやって来た

再会の挨拶を済ますと
らら衛門さんは後方へと移動して行く

暫くすると
「うぉ~うぉ~…」

という咆哮が会場中に響き渡った

…奴だ…
現在32連勤中の…奴だ…(爆)

僕は「しげさ~ん」と手を振る

そして、
しげさんが現れた。
コマンド

相変わらずライヴ始まる前なのに喋りながら1人モッシュしている

一体、どんな体力してるんだか…(笑)

会場内を見回すも
実にガラガラだ
居て百数十人位ぐらいだろうか
 

暫くするとナイルのメンバー達が…

なんと、観客の入口から入場してくるではないですか

なんというサプライズ

会場内を見回しながらさぞ客少ねえ…
と思ったことでしょう

あまりにもナイルに申し訳がなかった

まぁラウパで、らら衛門さんからナイルが単独で来日するという話を聞いた時

単独って…おいおい大丈夫か?
と思ったものです

ジャンルがジャンルだし
特に日本では
しかも名古屋…

そりゃあ名古屋飛ばしにあうのも当然の話ですわ

しかし、それでもナイルは来てくれた

こんな小さな箱で
こんな少ない客の前で
世界的に偉大なるバンドが演ってくれる

アクセルならブチキレて帰るだろうが
ナイルは違う

神の神たる由縁
さぁ神が起こしたこの奇跡のような状況を…宴を…
思う存分楽しもうではないですか

開演前カールが単独でステージ上に現れて恒例のコンピューター弄りをしている

声援を送ると満面の笑顔でこっちを見てくれた

もお~たまらん

少しでも客が増えるのを待っていたのだろうか?
 

ライヴは珍しく10分押しで始まった

ステージ上にカール、ジョージ、ダラス、名前の分からないサポートベーシストが登場した

因みにbの人は隣の娘と
「ベースのような人」
と呼ぶことに決めていた

ナイルのアルバムの中でも最も大好きな4thの3曲目で幕を開ける

テンションむっちゃ上がる

しかも…すぐ手が届く目の前で演ってるので当たり前のことだが

めっちゃよく見える
まさに天国だ

2ndの曲を挟んで、
前作の1曲目の超名曲
“kafir”へ

会場中が拳を突き上げて
「ゼァーイズノーゴッド・バットゴッド♪」
「ゼァーイズノーゴッド・バットゴッド♪」

の大合唱

たまらん
気持ちいい…超気持ちいい

その後はMCでダラスが
「デス声出せるか?出してみろ」

みたいなのがあり会場中のデス声合戦があったり

カールが僕の顔を見ては
やたらニコニコしてくれるので

こりゃあ頑張ってヘドバンしなきゃと久々に頑張った

ジョージが終始凄まじいドラミングをみせる

なんすかねあのキレ
ホンマ人間じゃねえ(笑)
究極生命体や

隣の娘がこれワニの曲と耳打ちしてきたので
カールを見ながらワニのぬいぐるみを指差す
それを見たカールはニヤリとしながら演奏を続けた

※画像提供 らら衛門さん

その後のMCでカールはワニのぬいぐるみを指差し何やら語った

何喋ってるのか分からん
内容が知りてえ…

こういう時、つくづく英語が分かればなぁ…と毎度思うも
いつも勉強はしない

“EXECRATION TEXT”
でイキそうになり

前作の6曲目が来た時にゃ脳みそ爆発するかと思った

とどめは最強の曲
“CAST DOWN THE HERETIC”
ですよ

もう力尽きてもいいと思いながら狂ったように暴れまくりました

ライヴは
“BLACK SEEDS~”
で幕を閉じる

カールがオーディエンスの前にギターをかざした

触りまくる
握手もしまくった

そして、なんと
ベースのような人がわざわざやって来てセットリストを剥がし
僕に直接手渡してくれたのです

隣の娘がベースのような人めっちゃ良い人と言ってくれた

ホンマめっちゃ良い人や
ベースのような人超やべえ
有難うベースのような人

前回はカールに貰って
今回はベースのような人に貰って
本当に幸せです

また一つ家宝が増えました
大事にします部屋に飾ります
 

荷物を取って会場を出る

しげさん、らら衛門さん、居酒屋の店長さんとその仲間さん達と喋りながらの出待ちタイム

暫くすると出てくるメンバー達
あっ…ジョージ

前回はジョージとっとと帰ってしまって居なかったですからね

故に超貴重なのです

先ずはジョージ、ジョージ
と言ってらら衛門さんに撮ってもらいました

あとはダラスとも

カールとベースのような人との間に入った写真もね

正に名古屋冥利に尽きる
ホンマ名古屋超最高

メンバーがエレベーターに乗り込むのを見守りながら
絶対また来てくださいねと皆で手を降ってお別れです。

今回は客の数が少なかった為
(会場の女の子率も過去最低を記録)

ウザいクラウドサーフが発動することもなく
何せ…守衛、座って寝てたからね(笑)

めっちゃ見るのに集中出来たし、最高の内容だった

ホンマ夢のような世界
最高の1日でした。

今年のライヴ初めがこれでよかった

有難うナイルはネ申

(amazon) Nile の検索結果
(楽天市場) Nile の検索結果