カルーセル内の記事は 雑記 から放送中!

2017年3月18日 Pagan Metal Horde vol.1 その② ~ ARES & 暴君 -bloody tirant- ~

一組目【ARES】

一卵性の双子、Yasushi(Vo/Ba)、Takeshi(Gt)を中心とした神戸発の
3ピースメロディックデスメタルバンド

相変わらず3ピースとは思わせない
重厚でカッコいい音を出している
好みではあるが今回もCDは買わなかった

前回のkalmah以来
久々のライヴだと話す

4曲入りEPを自身のサイトで無料配布しているそうで

「これでダメならワシらはいらんちゅうことか」って言ってた(笑)

ライヴの告知&
自身のサイトのアドレスを宣伝し〆

「アレスジェイピードットコム」
「アレスジェイピードットコム」

ARESのライヴが終了し
トイレに向かった

トイレの前では数人並んでいたが、
その中にハンマーを手に持ってるお兄さんが居て、女性と話をしていた

女性はそのハンマーを手に持ち
「意外と軽いね」と言っていた

小道具持参ってのが素晴らしい
お願いして写真を撮らせてもらう

「昨日も行きました?」
「いや行ってないです」
「スイダクラまでにはコレ出さなきゃ、エクリブリウムはめっちゃ押されるから」
とハンマー片手にお兄さん

「他にも剣と盾も持ってきてます」
と話しててめっちゃウケた

実にヴァイキングですなぁ

トイレを済ませ、嫁のもとへ

二組目【暴君 -bloody tirant-】

台湾産のフォーク/ブラックメタルバンド

初見のバンドでしたが、
デス/ブラックに中華圏らしいオリエンタルな風味付けをされたペイガンメタルでなかなかカッコいい

ビジュアルはもろ中華民族って感じ

Voの人は機嫌悪そうな雰囲気で威圧感を出しステージパフォーマンスを繰り広げる
(語弊があるといけないので敢えて書くが、別に本当に機嫌が悪い訳ではない)

真ん前でgを弾いていた人はハーマンみたいな顔だった

b.の人は日本語の発音が素晴らしかった。

MCで
オーディエンスに向かって
「わたしたちは」と投げ掛ける

バンド的には「暴君」と返して欲しかったようだが観衆にはあまり伝わりきれておらず

「わたしたちは」
とおうむ返してしまった観衆もいた

再度説明され観衆も理解して「暴君」と返す

この時に
「私は日本語は話せません、私は小さい声で我々はと言うけど、あなた達はもっと大きな声で返してください」
というようなことを英語で話し、
聴衆の笑いを誘った

本当に日本語の発音がよかったからてっきりペラペラなのかと思ったよ

「ハロウィンじゃないよ」
と言いながら
新曲のイーグルフライフリーも披露
これもなかなかカッコ良かった

暴君ライヴ終了後、
肩を叩かれ振り向くと
そこにはメロデスさん

「よくここにいるのが分かりましたねえ」
「久々に会えて嬉しいですメロデスさん」

嫁はトイレに向かい
色々話しながら
次のバンドの開演を待つ

 

2017年3月18日 Pagan Metal Horde vol.1 その③ ~ SKILTRON & SUIDAKRA ~
三組目【SKILTRON】 バグパイプ奏者を要するアルゼンチン産 フォーク/パワーメタルバンド これも初見のバンドだ 僕はアルゼンチンのバンドなんて 昔、聴いた『ラタブランカ』 ぐらいしか分からない どんなバンドだろうと 楽しみにしていた 開演を待つ間 音チェックで聞こえてきた バグパイプの音色に観客も 興奮気味 先程トイレ前で出会った兄ちゃんも 兜とマントを装着し スタンバイしている 満を持して登場...

へ続く