2021年10月4日 B’z presents UNITE #01【Mr.Children × B’z】 完全版 配信ライブレポ・感想

大阪公演 【Mr.Children × B’z】

2021年9月18日、19日と行われた公演の2日目の様子が 10月4日 に完全版として配信されました

画像は全て公式より引用してます

それでは配信ライブ 本編スタート

スクリーンに映し出されるUNITEのOP

『UNITE Mr.Children × B’z』

一組目 Mr.Children

桜井和寿 <Vo,g>
田原健一 <g>
中川敬輔 <b>
鈴木英哉 <dr>

※桜井さんのMCは「」無しの黒字です

SEが流れ 会場を青色のライトが照らす中、壇上にはドラマーの鈴木英哉。頭上での手拍子を経て、ドラムを叩く

メンバー続々登場。スタンバイ

① Tomorrow never knows

有難う。有難う大阪。有難うUNITE

② GIFT

心の中でラララ、心の中で

そうそう 見えるよ見えるよ ありがとね ありがとう

どうもありがとうMr.Childrenでーす

さあやるよ やるぞ!

③ himawari

さあ いこ〜う

どうも有難う 改めまして 初めての人も居るよねきっとね

僕らが、僕らがMr.Childrenでーす

いやあ本当に有難う B’zさん声を掛けてくれて本当に有難う

何より皆さん マスク本当にありがとね 本当に有難う きっと窮屈だよね

そして何よりも その温かくて力強い その盛大な拍手 本当パワーに 励みになります 本当に有難う

ほら 声を上げれないんでしょ だから その声の分まで思いっきり あのさ そうなの今日5千人なんですよ 5千人とはとても思えないです本当に いつも満パンでやってる大阪城よりもよっぽど 意味が 重みが 温かさが 愛情が あるようにそういう風に 受け取ってます有難う

きっと そりゃあこんな最中だから 不安を感じながらこの会場に足を運んでいる人 今もその不安の真っ只中の人 いるかもしんないけど でも えー今日は僕らのキャリア、経験、技術、情熱それから何よりも愛情を 愛情を目一杯注ぎ込んでお届けしたいと 一生忘れらんない夜に 皆さんそして僕らもなればいいなと なるべくして今日やってきましたんで最後まで宜しく!

有難う 続いての曲の中に 手を繋いで僕らの今が途切れないようにっていう歌詞があるんですけど 正に今日、握手をすることも、手を繋ぐことも、歌うことも一緒に出来ないけど でも心の中でガッチリ 手を繋いでもうこの会場一つに繋がっていけたらなと思ってます それがUNITE では続いて 口笛

④ 口笛

有難う

繋がれた気がするよ 本当に温かい 有難う あの僕らもそれなりの気負いを持って今日来ました 何せB’zとMr.Childrenという あの自分達で言うのもなんですけれども ビッグな2つのバンドが

まあコレね 対決とも取ろうと思えば そう想って来ている人も居るかもしれません ま、寧ろそういう楽しみ方もあると思います でもまあその選曲もそうとう悩んでまいりました そのB’zさん激しいやつで皆さんを圧倒するんでしょ だから僕らも負けじとロック色の強い選曲にするっていうのも過ぎりました だって負けたくないでそりゃ そりゃあ だけど負けたくない 勝ちたいなと考えて思い直しました 一体これ何に勝つの?何に負けるの? そうあの勝つべき相手はきっと 皆さんが日常の中で抱えてる モヤモヤや、不安や、嫌なことや、そういうものを今日、もう叩けの、叩きのめしてすっ飛ばしていくことが僕らの勝利 それを意味するものではないかと思い直しました

でね という訳で という訳でですよ

今日はここで その皆さんの日常のイライラモヤモヤを吹き飛ばすべく しかもこのコロナ禍 尚更その思い強いでしょう それを吹き飛ばすべく 一緒に B’zさんと一緒にお届けしたいと思います

それではお招きします B’z松本さん、稲葉さーん!

稲葉「こんばんは〜 えー今日はこんなに来て頂いて えー嬉しいなあ えーMr.Childrenの皆さんには我々から今回のUNITEの企画を えー話を持ち掛けまして えーそして、えーそこで皆さん あの凄く時間を掛けて真剣に えーメンバーで考えてくださって そして今回のこの参加という答えを出してくれました えーそしてそのMr.Children えーとにかく演奏も歌も最高で 感無量です 本当有難うございますyeah!」

⑤ Everything (It’s you) / Mr.Children × B’z

稲葉「yeah!yeah〜」

最高でしょ

稲葉「どうも有難うございました」

B’z松本さーん、稲葉さーん!

稲葉「Mr.Children〜!引き続きこの最高のバンドお楽しみください」

⑥ others
⑦ DANCING SHOES

※桜井さん上着を替えて衣装チェンジ

⑧ SINGLES
⑨ Brand new planet

どうもありがとう大阪〜

大阪UNITE Mr.Childrenでした〜

⑩ innocent world

本当にどうも有難う 次会うときはマスクを外して一緒に歌ってやろうぜ!

本当に有難う 皆頑張って〜

どうも有難う

キーボード Sunny

ドラムス 鈴木英哉

ベース 中川敬輔

ギター 田原健一

ヴォーカル 桜井和寿でした〜

どうも有難う また逢いましょう

最後まで楽しんでって〜 B’z凄えぞ!

メンバー退場後、セットチェンジ

スクリーンに映し出される重なり合った3つの輪→UNITEロゴへ

『UNITE B’z』

二組目 B’z

サポートメンバー

大賀好修 <g>
Yukihide “YT” Takiyama <b>
青山英樹 <dr>
川村ケン <key>

※今度は逆に稲葉さんのMCが「」無し黒字になってます

※ステージ周りに幾つも置かれた炎

B’zの2人が同時に壇上へ上がり、既にスタンバイしていた他メンバーと合流

①UNITE

※パイロの演出

②イチブトゼンブ

one,two,three,four

TAK(ギターソロ前に松本さんを指差して)

どうもこんばんは お久しぶりです 皆さん元気でしたか?

逢いたかったよーマジで!こんなにも逢いたい気持ちが膨れ上がったことがあったでしょうか?

えー今日はお互いにその逢いたかった気持ち思いっきり炸裂させちゃいましょうね

えーで、その炸裂させるんですけども、ちょっと野暮な話になりますけども皆さんご存知のように えー今日は皆さんマスクを えー着けてくださってますし 叫んだりね、歌ったりすることがちょっと駄目なもんですから えー今までやってる手拍子 それからあとは、頭をこう..振るとかですね えー踊るとかですね えーあと勿論黙って座って見るってのも勿論 あの全く問題無いですよ とにかくそういう えールールのもとに でも何か考えれば色々ね楽しめる方法あると思いますから是非皆さん自分なりの方法で今日は思いっきり自己表現してみてくださいね

じゃあ改めましていきましょうか

B’z presents UNITEにようこそー!

③ love me, I love you
④ 有頂天

稲葉さん上着を脱いでシャツ姿に

⑤ 今夜月の見える丘に

※スクリーンに月

どうも有難うございます いや本当久しぶりの大阪ですわ えーそしてやっぱりこの景色、この景色、この景色ね なんて綺麗なんでしょう

えー2年以上前に えーここに我々も来ましたけれども えーそれまでは本当に当たり前のようにコンサートツアーをやって色んな街に行って皆さんに合って えー思いっきり歌って演奏してということをやってました えーそしてまあ去年ね まぁ世の中の状況が変わり始めてそれでもまだ何か あの気楽な気分じゃないですけども まぁあのそのうち何とかなるだろうと えーライヴも出来るようになるだろうと 大阪にも行けるだろうと えーそんな気持ちが えー確かにありました でもまぁ皆さんもご存知のようにね えー中々そんな一筋縄にはいかないような えー状況が続いて えーそこで遂に我々もやっぱり自分達が当たり前のようにやっていたことって当たり前じゃなかったんだなと えー強く強く深く思い知らされました でまぁそこで えー何とかねその去年はまぁ無観客という形で配信のライヴやらせてもらったんですけども今回のこの実際に皆さんの前で演奏するっていう有観客のライヴ この開催に辿り着くまでには本当に多くの皆さんのえー協力と えーそして今日出演してくれているMr.Childrenの皆さん 皆さんの多大なる協力の上に成り立ってここまで えー辿り着きました えーそして実際にその日になれば皆さんが 本当に皆さん来るのかなと 来れるのかなと思っていた中で こうやってきっちりマスクを着けてルールを守ってくれてここに来てくれてること あーもう凄い奇跡のようです本当に有難うございます

えー今日は本当に皆さんの前で音楽をやれることを その喜びを噛み締めながら感謝の気持ちを込めて最後まで思いっきりやり切りたいと思いますので宜しくお願いします

ヘイ! いけますか? じゃいっちゃいましょうか ケン坊

※keyソロ

⑥ LOVE PHANTOM

ハーイ! 聞こえますかー? 聞こえてますか? うぉーぅうぉーぅうぉおうぉーおお (両手を口に当てマイクを使わずに)

⑦ calliing

ラストはAVACO STUDIO ver.のように円陣を組んで

yeah!こんなに胸に刺さってくる拍手が今まであったでしょうか

稲葉さんスカーフが無くなっている

ごめんね明日手が腫れるかもよマジで それも初 申し訳ない

えーじゃあ手が腫れるついでに ちょっと拍手のやりっこしましょうか

拍手でコールアンドレスポンス

気持ちいい!

今のでももうちょっと痛いんですけど 大丈夫ですか? えーじゃあいきますね

会場中、手拍子でバンザイ

バンザーイ! thankyou!

※スクリーンにBANZAIの文字

⑧ BANZAI

じゃあ皆さん御一緒にバンザイ これで(シーのポーズ)

せーの! バンザーイ! thankyou!

稲葉さんお立ち台からジャンプした後、勢い余って後方に一回転、何事もなかったように立ち上がり歌い続けた

ヘイ! 右臀部を擦る仕草

オンギター オンギター オンギター

オンギター Mr.TAK MATSUMOTO

⑨ ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜

大阪〜

どうも有難うございます 何かあっという間にここまで来ちゃいました えー今日は本当皆さんの拍手で物凄いヴォリュームの愛情を我々感じながら 感謝をしながら えーここまでやってくることが出来ました えー今までに経験したようなことがないこのライヴの形ですけども皆、皆、皆、本当最高でした どうも有難うございました〜

⑩ 兵、走る

稲葉さんシャツを脱いでTシャツで登場

C’mon

thankyou!

ラストはAVACO STUDIO ver.のように円陣を組んで

鈴木「うおーー!」

どうも有難う!(稲葉さんお立ち台からジャンプ)

どうも有難うございました

手を挙げ、退場していくメンバー達

会場内、拍手でアンコール

再び壇上に戻ってきたメンバー達、手を挙げて観客の拍手に答える

稲葉さん素肌に水玉シャツ姿で登場

どうも有難うございます 皆さんまだ元気ありますか? 大丈夫ですかー? 私は大丈夫です(右臀部をポンポンと叩く仕草)

じゃあ えー今日のこの我々のB’zの えーUNITEを支えてくれたバンドのメンバー皆さんに紹介します

ではあちらからいきましょう

オンギター 大賀好修

ベースギター YT

キーボード 川村ケン

そしてドラムス 青山英樹

そしてそしてオンギター TAK MATSUMOTO

えーもう何回も言ってますけども本当に あのー今回は皆さんの協力が無くしては えー成り立つことのなかったUNITEというショウです えーそして何より あのー急なね申し出にも関わらず前向きに えーこのUNITEへの参加を決めてくださった えーMr.Childrenの皆さん えーこの場を借りてお礼を言いたいと思います有難うございました

えーではここで えーゲストお呼びしたいと思います 宜しいですか? 呼んじゃいましょうか 呼びますか いきましょうfrom Mr.Children 桜井和寿

桜井「うおーす、有難うございまーす」

桜井さんは黒のUNITE ミスチルコラボTシャツで登場

エアーハグ(二人でじゃれあう)

桜井「最高! も、今日で終わりなんて」

寂しい〜

桜井「すっごく寂しい」

最終日ですか今日

桜井「そうですよね」

まあ何かあるでしょ?

桜井「うん、あります。本当に何かこんなに馴染むとは思いませんでした 一緒に 一緒に曲やらせてもらって」

ね、あの何でも皆さんやってみるもんですよ ねー何か人生のヒントになりました

桜井「本当ですか?すっごく嬉しいです。すっごく嬉しいです」

えーじゃあ今日我々B’zとしてはですねえ あのーゲストにVoが入って歌うっていうのはね 今までやったことがないということで 第一人者ということになりましたけども

桜井「光栄です。もう他の誰にもやらせないでくださいよ」

ハハハ、ちょっと話違うんですけど我々も去年の無観客もやりましたけども実際の有観客の間で 初めてあのーコロナのことになって初めて演奏したのはEverythingなんですね ですよね?

(頷く松本さん)

お客さんの前で

桜井「ホントだ! 嬉しい」

2年ぶりにお客さん

桜井「ていうかじゃあ 凄いじゃないですか皆さん」

そんな夜です今日は

じゃああの折角なんで あの桜井さん 何いきましょうか?

桜井「選ばして頂きました いきますよ 準備いいですか? さまよえる 蒼い 弾が〜ん!!」

⑪ さまよえる蒼い弾丸 / 桜井和寿 × B’z

Mr.桜井(桜井さんを指差して)

桜井「有難う」

素晴らしい 素晴らしいジャンプ

桜井「最高!有難うございました」

桜井和寿〜 有難うございました

桜井「B’z」

素敵

やっぱジャンプが違うなぁ

えーじゃあもう一丁いきますか皆さん

まだ振り絞れるコレありますか?(手のひらのこと)

いきますか〜 じゃあいっちゃいましょ〜う

⑫ ultra soul

あそこんとこはジャンプで ジャンプ

thankyou

ラストはAVACO STUDIO ver.のように円陣を組んで

大阪〜 大阪ベイベー どうも有難うございました〜

手大丈夫ですか?

えー本当にあの 有難う

そんな拍手してくれて 有難うございます

えーじゃあ えーここであれですよね あのー是非Mr.Childrenの皆さんもここにお呼びしたいと思います

皆さんどうぞ盛大な拍手を どうぞ

いえーい! Mr.Children

桜井「有難うございまーす」

来た来た来た

桜井「有難うございまーす」

いやあ辿り着きましたここまで

桜井「ねえ 本当楽しかった ホント誘ってもらってホント感謝してます 有難うございます」

此方こそ えー何かねちょっとした切っ掛けで色んなことがまた起こせるっていう えー何か色んな事に気付かせて頂きました えー有難うございます

ここであれですかね もう記念撮影するみたいなんで宜しいでしょうか

えー今日はこっち向くみたいなので えーこっち こっちを向いてこうですね

はい なので皆さんの方向いて我々はやりますけども えーどうでしょうこうで

桜井「昨日撮った写真も凄い素敵だったんですよ このねマスクってやっかいだなと思ってるじゃないですか 何かね桜の花びらが舞ってるみたいに写ってる」

流石ですね 本当ねあの綺麗に まっ確かにそういう風に見えますね 是非マスクしたままで写ってください後ろの方も いいですか あのじゃあこれ立つ感じ あー今マスクしといてくださいね

桜井「桜の花びら」

あの はい 取らないようにねお願いします 立ちで

スタッフ「はいポーズ せーの! もう一回いきまーす はい せーの!」

じゃあちょっとバンドだけで

スタッフ「せーの! オッケーでーす」

有難うございます

桜井「有難うございまーす」

素晴らしい時間を有難うございました

また何かあるかなぁ

桜井「また何処かで」

Mr.Childrenでしたー

桜井「有難うございました」

盛大な拍手を

桜井「有難うございました」

手を挙げて一列でステージを降りていくMr.Children

えーじゃあ最後我々であの儀式みたいなもんで 大丈夫ですか?オツカレ

いきましょうか せーの!お疲れー

有難うございましたー

手を挙げてステージを降りていくサポートメンバー

えー本当に えーもう何回も言ってますけども えー我々にとっては本当に経験したことのない えー ことばかりが続きまして えーま、いい意味でも悪い意味でも そしてまぁやってみればねこうして本当に色んなことを学ばしてもらったし 新しい えー今まで感じたことのないような喜び そういうものも えー生まれてきました

えー今回の大阪でのUNITE これが何とかこの後ね コンサートというエンターテインメントの次のステップに繋がっていけばいいなと思います 本当に皆さん有難うございました

えーちょっとやってみて どうですか?

松本「いやあの本当に あのーライヴっていいんだなあって 改めて思いました 本当に もう心から」

えーもう本当に感謝しかないです

松本「本当です」

えー このライヴ えー皆さんが無事に家に帰るまでがライヴです そこで えー皆さんが無事に家に着いたところで えー完成する訳で 是非今日は皆さん真っ直ぐ家に帰ってくださ〜い

そして家に帰ってこの余韻を 噛み締めてください 我々もそうしまーす

皆さんまた是非逢いましょう バイバイ

有難うございました

松本「どうも有難うございました」

バイバーイ

皆さん気をつけて

B’zのお二人、手を挙げてステージを降りる

改めて Mr.Children セットリスト

① Tomorrow never knows
② GIFT
③ himawari
④ 口笛
⑤ Everything (It’s you) / Mr.Children × B’z
⑥ others
⑦ DANCING SHOES
⑧ SINGLES
⑨ Brand new planet
⑩ innocent world

改めて B’z セットリスト

① UNITE
② イチブトゼンブ
③ love me, I love you
④ 有頂天
⑤ 今夜月の見える丘に
⑥ LOVE PHANTOM
⑦ calliing
⑧ BANZAI
⑨ ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜
⑩ 兵、走る

Encore:
⑪ さまよえる蒼い弾丸 / 桜井和寿 × B’z
⑫ ultra soul

感想

B’zの公式っていつも微妙な写真UPしてくるよね。本当にプロが撮ってるんだろうか?毎度毎度余りにもセンスが無さ過ぎじゃない?もっと良い写真幾らでも撮れるでしょこれだけ素材が良いんだから…まあわざとだとは思うけど、果たしてB’zに何の得があるんだろうか?
わざとだとしたら悪意しかない気がするが

それにしても夢のような凄まじ過ぎるコラボだった

CDが売れまくってた、あの最高だった時代に常に上位争いをしていた、この2バンドが、まさかツーマンで同じステージに立って各々の楽曲を一緒に歌う時が来るなんてことは恐らく誰も考えたことすらなかったことだろう

何せ稲葉さんがミスチルの曲歌ったんですよ!選曲も堪らんかったし、マジで衝撃的だった本当ヤバかった。今回のライブで一番のハイライトなのは間違いないです。松本さんのギターの音も素晴らし過ぎたし

この配信終わったらもう二度と観られないのかね?あの映像

うーん、勿体なさ過ぎる

先ず、この対談がそもそも凄い

あっ自分、あんま人に言ってないけど、別に言う機会もないけど、普通にミスチル好きですよ

若い頃よく聴いたし、今でもたまに聴くし、カラオケでも歌うし

ミスチルは本当良い曲書くからなぁ、こんな凄い歌詞を書き続けられる人、日本にどんだけいる?

まあそうそう居ないでしょ

いや本当バケモンです凄い才能

脳梗塞を克服して無事復帰して本当良かったよね。脳梗塞って聞いた時は凄くショックで 借りてた部屋のゴミの捨て方について大家と大喧嘩してた気がするよ

ミスチルの聴けてないアルバムを借りてきたから、本当ならそれを聴きながら淡路島に行く予定だったのに、緊急事態宣言のバカ野郎のせいで…まあそれは別の話

それにしても素敵なライブで御座った

特に桜井さんの最高!と言って無邪気にはしゃぐ姿は堪りませんでした

B’zファンの我が家の嫁さんは桜井さんのことを「バカリズムみたい」と言ったり、ライヴ終盤では「早くB’zのライヴが見たい」と口走ってたけど、やかましいぞ

B’zのセトリに関してはいつもと大差ないから別に驚くことも無いけど、サポートドラマーの青山さんのバックボーンを考えるとB’zのその粋な計らいには目頭が熱くなる

有頂天のラストで松本さんとおーちゃんが合わせるシーンは胸アツでした

「増田さんじゃないから稲葉さんはkeyのとこに寄っていかないね」と嫁さん

そして此方も勿論バケモン

B’zのライブはいつ観ても、やっぱり問答無用でカッコいい!間違いない

PS

UNITE #01横浜公演の様子はコチラ

タイトルとURLをコピーしました