2017年10月15日 LOUD PARK17 ライヴレポ【後編】

【CRADLE OF FILTH】

ついにきた!待ちに待った
クレイドルオブフィルス!!

今回の大本命
つうかこれを見るために
頑張って埼玉まで来たのだ

アリーナで見ようかどうか
めっちゃ迷ってたんだけど
スタンディングは単独で来日した時に
取っておくとして
そのまま指定席で見ることにした

てか指定席、個人的に
より見たいと思うバンドが全て
反対側(ULTIMATE STAGE)
だったんだよねもうそれが残念

昔はダニの金切声が苦手で
ギターソロも短いこのバンド
あんま好きじゃなかったんだけど
まさかこんなにもハマるとは

新作に伴うワールドツアーの
最初の公演がこのラウドパーク
ということで
直近の11th,12thを中心に
昔のアルバムも絡めて
予習してきた

新譜の12th
えっまじこれクレイドルですか?
って勢いでメロディアス
しかもめっちゃ完成度高い
個人的には最高傑作と言っても
過言じゃないと思う

こんだけコンスタントにアルバム出し
続けて毎回素晴らしいんだもん
底力パネエっすマジで

ステージに登場したダニ様も
マジでダニ様だった
ああ、この肉眼でダニ様が
見られる日が来ようとは

あんま売れてない時代ならともかく
グラミー賞にもノミネートされて
こんなにも売れてるバンドが
メタル不人気な日本になんて
全く来る必要性無いんだもの
もう一生見れないかと思ってたよ

keyのリンドセイ・スクールクラフトが角を付けて登場
カッコよかったのに
邪魔だったのか
割りと早くに外してたな
美人でコーラスが素敵だった

ギターのアショクが

ディムボルギルのガルダーと
そこはかとなく被ると思ったのは
僕だけかしら?

セットリスト

se   Satyriasis
①Gilded Cunt
②Beneath the Howling Stars
③Heartbreak and Seance
④Blackest Magick in Practice
⑤Nymphetamine
⑥Dusk and Her Embrace
⑦Born in a Burial Gown
⑧Her Ghost in the Fog

ヨーロッパの第一線で活躍し続け
商業的にも大成功をおさめている
バンドだけあって
とにかく素晴らしいショーだった
会場内の全てを飲み込む
その迫力に圧倒され続け
あっという間に終わった

(amazon) Cradle Of Filth の検索結果

【MESHGGAH】

爆音と光の演出が凄まじかった

(amazon) Meshuggah の検索結果

【SABATON】

ギターの人何か見たことある
顔してるなぁと思ってたら
まさかのレインエクシードだった
何でサバトンに入ったんだろう?

てかレインエクシード
知らん間に新譜出してたんやな
買わないかん

バカのコントで会場内を
笑いの渦に包み込み
フレンズの日本人も出てきたし
映し出される映像も炎も戦車も
文句なく最高なショーでした

(amazon) Sabaton の検索結果

(amazon) REINXEED の検索結果

【GENE SIMMONS BAND】

全く期待してなかったんだけど、
いざ始まってみたら
めっちゃ良かった

ジーンシモンズは
「最高です」言いながら
次から次へとキッスの曲を披露

セットリスト

① Deuce
② Parasite
③ I Love It Loud
④ Cold Gin
⑤ Do You Love Me
⑥ Shout It Out Loud
⑦ Calling Dr. Love
⑧ War Machine
⑨ Wall of Sound
⑩ Got Love for Sale
⑪ Watchin’ You
⑫ She
⑬ Let Me Go, Rock ‘N’ Roll
⑭ Rock and Roll All Nite

観客もガラガラだったが
徐々に数を増やしていった

観客をステージ上に呼んだり
若いイケメンメンバーも従えて
見せ方も上手く
非常に楽しかった

(amazon) GENE SIMMONS BAND の検索結果

【MICHAEL SCHENKER FEST】

カッコいい!!流石は神!

(amazon) MICHAEL SCHENKER FEST の検索結果

だがしかし
ホテルの時間があるし、
携帯の充電器が壊れたので
電気屋にも寄りたいという訳で
30分程見て撤収

ああグラハムボネットが
見たかった
それだけが無念なり

(amazon) グラハムボネット の検索結果

スーパーアリーナを後にし

電気屋に寄ったあと電車に乗る

京浜東北線は行きも帰りも
喘ぎ声が凄かった
何の音なんだろうアレは

へ続く

タイトルとURLをコピーしました