2019年9月25日 DragonForce『Extreme Power Metal』

日本先行発売。
今回はきちんと発売日にTシャツと共に届けてくれたワードレコーズさんに感謝

そしてこのアルバム発売前にバンドを去ったフレッドについて語らなければならない

ドラゴンフォースに参加した理由も初めて知れたし、全てを赤裸々に語ってくれたのは嬉しいけど、ファンとしては中々にショッキングなインタビューであった

ゲーム好きなので、てっきりアルバムのアートワークであったり、PVであったりノリノリで参加しているのかと思っていたから、まさかの答え

それほど苦痛に思っていたなんて…
そんな状況でよくも14年も居たなしかし

バンドの方向性を変えようと頑張っていたとのこと

色々と合点がいく…道理でねえ

ここ2作が微妙というか、どうもあんまり好きになれなかったはずだ

自分が1番回数聴いたアルバムは2ndだし、金太郎飴と言われようが何だろうが、ドラゴンフォースに関しては昔の方が好きなのでね

また2ndのようなアルバムを作ってくれんかなとずっと願い続けて今日まで生きてきた

だからフレッドが昔に戻ってしまったというのは個人的には願ったり叶ったりなのである

出来ればもっともっと昔に戻って欲しいが、最高のキーボーディストであると共に非常に優れたソングライターであったヴァディムが居ないのはとても痛い

さあ、彼らの新譜
8枚目のアルバム


【Amazon.co.jp限定】エクストリーム・パワー・メタル[CD(日本盤ボーナストラック/日本語解説書封入/歌詞対訳付)(デカジャケ付)]

の話に戻ろうか

サムの曲が多い!
帰って来た!!

これぞまさに
我らがドラゴンフォース

これだよこれなんだよ

DragonForce – Highway to Oblivion (New Official Video)
DragonForce – Razorblade Meltdown (New Official Video)

もうねあのインタビューを読んだ後に今作を聴いた者としては、あまり曲を書かないでいてくれて有難うと言わずにはいられない

いられないがフレッドの言う通り、確かに今作の彼の曲は良い

DragonForce – Heart Demolition (New Official Video)

てかやっぱバランスの問題なんだよね

ドラゴンフォースというバンドにおいては主軸はあくまでサムで行くべきだと自分は思うし、それは変える必要なんて無いし変えてはいけないのだ

だからこれぐらいの比率で入ってる方がより良く聴こえる

前回のアルバムの感想は
「悪い訳はない。もはや貫禄の世界」だったが

今作は良いぞ!

80年代レトロフューチャー・原点回帰・新しい試み・をセンスとユーモアで消化して極上な姿に昇華させた彼等以外では絶対に作り得ないアルバムであり、実に面白い

しかもカバーが

Titanic – My Heart Will Go On (Music Video)

とか選曲流石過ぎる

本当に素晴らしい!
お帰りなさいドラゴンフォース

これはジャパンツアー楽しみだ

そして改めて
本当にさようなら
今まで有難うフレッド

PVに映る貴方の姿は忘れません

HM/HR
この記事を書いた人
こっさん†

仕事は介護福祉士でチワワと嫁と3人で暮らしており
ライヴ行ったとか、何かあったときには、ほぼほぼブログに書いてます
愛知県(尾西市),高知県(土佐山田町),兵庫県(生野町、福崎町),三重県(桑名市),愛知県(共和町),岐阜県(羽島市)に住んでいたことがあります
宜しくお願いします

こっさん†をフォローする
スポンサーリンク
趣味地獄絵図
タイトルとURLをコピーしました